昔の金融は銀行なんかだった

金融と聞くと「消費者金融」を連想する…そのように思われる方も多いです。 これは、消費者金融の問題が、とても大きく社会現象になった背景などがあります。 また消費者金融の問題がニュースなどで多く報道され、それにより銀行よりも消費者金融を、金融と言えば連想する…というような方が増えたのかもしれません。 昔は、銀行などが連想されました。 特に、バブル時代の頃などは、ほとんどの人がバブルの影響で、とても楽しくお金を多く得て生活していたので、消費者金融という言葉などは、連想もされなかったでしょう。 しかし、日本のバブルがはじけ、また日本がリーマンショックなどの煽りを受けて、不景気になり、上記のような連想をするような人が増えました。 それほど、日本人がお金を借りるということに対して、敷居が低くなってしまった、またはどうしても借りずには生活出来ないというような事情が出るようになってしまったということもあるかもしれません。 また、銀行などでは審査が厳しく、お金を借りることが出来なかった人でも、消費者金融では簡単にお金を貸してくれるため、そのような連想が行われているのもあるかもしれません。 また、それらの言葉を知らない人でも、ニュースなどの報道で色々な問題が浮き彫りになることで、言葉を連想させる人が増えたこともあります。 また、テレビだけでなく、映画やドラマなどでも、時折、これらの問題がテーマになった映画などが公開され、話題となりました。 そのような背景から、連想をさせる人が増えたこともあげられます。 多くの人のイメージとして、怖い、危ないというイメージがありますが、しかし、借金についてあまり考えない人にとっては、あまりそのようなイメージがなく、借金に借金を重ねてしまう背景があります。 またそれと同じように、借りる機械としても、例えば無人のATMなどが街中に設置されていたりすることがあり、多くの問題となってしまっています。